女性

経理に転職する条件|採用基準を知っておこう

男性

正社員以外で事務をする

事務員を希望する人は派遣という働き方も選択肢のひとつです。スキルや資格、経験から様々な企業を紹介してもらうことができます。残業や休日出勤がほとんどないので、プライベートの予定が立てやすく、時給も高めです。仕事の内容がはっきりしているので、毎日の仕事が進めやすいのもメリットです。

会社に欠かせない仕事

メンズ

経験と知識

経理は、会社のお金の流れの把握、決算処理、資金繰りなど、会社の利益計上に関わる大切な仕事です。どのような業種の会社であっても、経理は必ず必要な人材です。内勤中心のため、とくに女性から人気のある職種です。新卒、または転職で経理を目指すという人も少なくないのです。そして、もともと経理の仕事をしていたという人は、転職するときもその経験は役立ちます。細かな数字の中から、ミスがないか、経費を使いすぎていないか、など様々な情報を読み取る必要があるため、慣れて経験しておくことが、正確な仕事をするための武器になるのです。しかし、経験がないからといって、経理に転職出来ないというわけではありません。転職してはじめて経理に携わる場合、まずは簿記や電卓などの資格を取得することがおすすめです。簿記や電卓の使い方などの基礎知識を持っているだけでも、経験がなくても優遇して採用してくれる場合があります。また仕訳や財務表などの見方も覚えることが出来ます。また、経理業務は銀行の業務とも密接に関わります。手形の発行や取り立て、借入金などの業務も、経理の仕事の一つだからです。そのため、経験がなくてももともと銀行員だった、という人は、優遇してくれる場合もあります。経理は、少しの数字のミスで会社の利益計上が狂ってしまうこともある、ミスにシビアな仕事です。 しかし、それゆえやりがいがあることも事実ですので、前向きに転職活動を行いましょう。

履歴書

便利な働き方

派遣会社の面接に行く際は、履歴書は必要ありません。しかし書類に職歴を書くことになりますので、メモを用意しておきましょう。また携帯電話は仕事を紹介してもらう際に使いますから忘れられません。服装はできるだけスーツを着用して行きましょう。

握手

専用サイトを活用

日本企業の多くは海外とのビジネスを展開するようになり、貿易会社の求人も数多く掲載されるようになりました。そこで貿易会社への就職をする際には、求人サイトを活用し、希望の職種に絞って検索してみると良いでしょう。